テーブルスタイルのオプションを変更する方法

先日iOSアプリ「Microsoft Excel」のテーブル内で行・列を削除する方法について解説しました。

【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」テーブル内で行・列を削除する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回はテーブルスタイルのオプションを変更する方法について解説していきます。

操作手順

テーブル化①

  1. テーブル内の任意のセルを選択
  2. 「A」をタップ

テーブル挿入①

「ホーム」タブ内のメニューが表示されます。

3. 「テーブル」タブをタップ


スタイルのオプション①

「テーブル」のメニューが表示されます。

4. 「スタイルのオプション」をタップ


スタイルのオプション②

「スタイルのオプション」のメニューが表示されます。

5. 任意の設定を変更

設定可能なメニューは以下の6つです。

  • 見出し行
  • 集計行
  • 縞模様(行)
  • 最初の列
  • 最後の列
  • 縞模様(列)

それぞれの詳細は下記の通りです。

テーブルを設定時はデフォルトで「見出し行」と「縞模様(行)」がONになっています。

設定されているメニューの右側にチェックマークが入っています。

見出し行

スタイルのオプション③

「見出し行」をタップするとデフォルトでは表示されている見出し行が非表示になります。

集計行

スタイルのオプション④

「集計行」をタップすると2列目以降を集計します。

上図は文字列のため、データの個数がカウントされていますが、数値なら合計値がカウントされます。

縞模様(行)

スタイルのオプション⑤

「縞模様(行)」をタップするとデフォルトでは表示されている縞模様が非表示になります。

最初の列

スタイルのオプション⑥

「最初の列」をタップするとテーブル内の一番左の列が太字で強調表示されます。

最後の列

スタイルのオプション⑦

「最後の列」をタップするとテーブル内の一番右の列が太字で強調表示されます。

縞模様(列)

スタイルのオプション⑧

「縞模様(列)」をタップすると列が縞模様が表示されます。
(奇数列の色が変わります)

まとめ

「スタイルのオプション」はテーブルの体裁を簡単に変更することができるので覚えておくと楽ちんです。

次回はテーブルスタイルを変更する方法について解説する予定です。


Microsoft Excel

Microsoft Excel (無料)
(2014.12.19時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事