文字列扱いになっている数字を数値へ一括で変換する方法

先日セルの左上隅の緑の三角(エラーインジケータ)を消す方法について解説しました。

セルの左上隅の緑の三角(エラーインジケータ)を消す方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

ただ、上記の方法ではエラーインジケーターが非表示になるだけで、数字が文字列扱いになっている場合、文字列扱いであることには変わりありません。

今回は文字列扱いになっている数字を数値へ一括で変換する方法について解説していきます。

事象

文字列から数値変換①

数字が文字列扱いになってしまう場合、エラーインジケーターが該当セルに表示されます。

また、そのセルをアクティブにすると注意マーク(黄色のひし形に「!」)と「このセルにある数値が、テキスト形式か、またはアポストロフィで始まっています。」というメッセージが表示されます。


文字列から数値変換②

このような場合、上記のようにSUM関数では計算できませんし、またCOUNTIF関数やVLOOKUP関数などの検索系の関数のキーとする場合もうまく一致しない場合があります。

なお、このような場面に遭遇する機会としては、

  • 数値の頭にアポストロフィ(「’」)をつけている
  • Accessなど他アプリケーションから出力されたデータが数値なのに文字列扱いになっている
  • 表示形式が文字列になっている

などが考えられます。

上記の3番目については表示形式を「数値」や「標準」に変更してもらえば解決されますが、今回は1・2番目の場合の解決策を以下で解説します。

解決方法

文字列から数値変換③

  1. 任意のセルに「1」を入力
  2. 1.をコピー
  3. 文字列扱いになっているセル範囲を選択

文字列から数値変換④

4. 「ホーム」タブをクリック
5. 「貼り付け」をクリック
6. 「形式を選択して貼り付け」をクリック


文字列から数値変換⑤

「形式を選択して貼り付け」ダイアログが表示されます。

7. 「値」を選択
8. 「乗算」を選択
9. 「OK」をクリック


文字列から数値変換⑥

これで文字列扱いだった範囲が無事数値に一括で変換されました!

上記のサンプルではうまく計算できていなかったSUM関数が計算されました。

1.の手順で入力されていた「1」が不要であればクリアしましょう。

その他の方法

上記の「形式を選択して貼り付け」の活用以外の方法では、VALUE関数を使う方法もあります。(下記参照)

VALUE関数で文字列となった数字を数値データに変換する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

作業列を追加できる場合は上記の方法でもOKです。

まとめ

今回ご紹介した方法は、作業列を追加できず、文字列を数値に変換する必要がある場合に最適です。

意外と数値が文字列扱いになってしまっている場合がありますので、上記のテクニックは活躍する機会はあると思います。

ご参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう