Exceのセル書式設定「表示形式」のおすすめユーザー定義【数値編】

前回セルの書式設定のユーザー定義のメリットについて触れました。

Exceのセル書式設定「表示形式」のユーザー定義の3つのメリット | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は、そんなユーザー定義の中でも【数値】に関してのおすすめをご紹介したいと思います(・∀・)

0関係

数字の「0」がかなり使い勝手が良いので、複数パターンを知っておくと幅が広がりますよ♪

0″単位”

数字のデータに任意の単位をつけることができます。

下図では”人”という単位をつけてます。

ユーザー定義0人

このセル内の数値はSUMなどの関数で集計できるので、見栄え・実用性の両立が可能になります(・∀・)

ちなみに0の前後はどんな文字列でも””[ダブルクォーテーション]でくくれば表記できます。

ユーザー定義100人乗っても

上図のような長い文字列にも問題なく対応できますよ(・∀・)

0.0

小数点以下の表記を揃える場合に役立ちます。

下図の例では、小数点第一位まで表記するように設定していますが、小数点以下の0の下図で第何位まで表示するか選択可能です。

ユーザー定義小数点

0000

小数点のみならず、整数も好きな桁に揃えて表記するように設定できます。

何かのコードとして使いたい場合に応用できそうですね。

ユーザー定義0000

@”単位”

0との違いは文字列でも任意の単位を追加して表記できることです。

下図では、セルには”○”という文字列を入力しても、ユーザー定義で設定した”円”が追加で表記されるようになります。

うまく活用すれば、入力工数を減らす一助になるやもです。

ユーザー定義○円

ちなみにこのユーザー定義を設定している場合、仮にセル内に数値データを入力していたとしてもSUMなどの関数で集計は不可能になります。(文字列扱いとなってしまう)

#,”千円”

収支などの経理関係業務を行う方は活躍の機会が多いユーザー定義ですね。

私も仕事上PL(損益計算書)の元データを作成する際に活用しています。

下図の通り、セル内の数値データを千円単位で表記してくれるようになります。

ユーザー定義123千円

まとめ

こうしてまとめてみると、ユーザー定義は意外と日常的に使っているな~と認識させられました。

次回以降は時刻や日付などのおすすめのユーザー定義についてご紹介したいと思います(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう