Exceのセル書式設定「表示形式」のおすすめユーザー定義【日付編】

前回セルの書式設定のユーザー定義の【数値】に関してのおすすめ設定について触れました。

Exceのセル書式設定「表示形式」のおすすめユーザー定義【数値編】 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は、【日付】に関してのおすすめユーザー定義をご紹介したいと思います(・∀・)

西暦

日付で使用される主な記号は次の頭文字です。

  • y:yearの頭文字。「年」を表します。
  • m:monthの頭文字。「月」を表します。
  • d:dayの頭文字。「日」を表します。

yyyy/mm/dd(aaa)

個人的には一番この形式で表示させるのが好きです。
曜日も一字入るので、表などに入力していると曜日のズレなどでタイプミスを判別しやすいです(・∀・)

ユーザー定義yyyy mm dd(aaa)

‘yy/mm/dd

西暦の年の短縮バージョンです。
yyの2文字で西暦の下2ケタが表示されるようになります。

ユーザー定義yy mm dd

和暦

ggge年mm月dd日

gggで”平成”などの年号、eで和暦の年表示となります。

ユーザー定義ggge年mm月dd日

英字表記(イギリス式)

dd”th”_mmm_yyyy

mmmで月の英語表記の3文字の短縮版が表示されます。

ユーザー定義dd th mmm yyyy

日付一部分のみ

下図のように日付の一部分のみを表示することも可能です。

yyyy

ユーザー定義yyyy

mm月

ユーザー定義mm月

曜日

日本語表記

aaaaで”○曜日”と表示することができます。

ユーザー定義aaaa

英語表記

ddddで曜日の英語表記を表示することができます。

ユーザー定義dddd

まとめ

今回はまったく同じ値にそろえてみました。

ユーザー定義の設定によって、ワークシート上の表記が変更となるのはおもしろいですね(・∀・)

皆さんもいろいろとユーザー定義を工夫してみてください♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事