セルの文字列の方向を斜めや縦にする方法

セルの中の文字列の方向は通常左から右に水平方向です。

しかし、資料のアクセント的にちょっと文字の方向を斜めにしたり、縦方向にしたいケースがあります。

今回はセルの文字列の方向を斜めや縦にする方法について解説していきます。

操作手順

文字列方向①

  1. 任意のセルを選択
  2. 「ホーム」タブをクリック
  3. 「方向」をクリック
  4. 任意のメニューを選択

「方向」の具体例

左回りに回転

文字列方向②

右回りに回転

文字列方向③

縦書き

文字列方向④

左へ90度回転

文字列方向⑤

右へ90度回転

文字列方向⑥

セルの配置の設定

文字列方向⑦

メニュー内にない方向にしたい場合は「セルの配置の設定」をクリックし、「セルの書式設定」ダイアログを起動した上で好きな角度に設定しましょう。

【参考】初期設定へ戻す方法

文字列方向⑧

「セルの書式設定」ダイアログの「配置」タブ内で以下の操作を行えば初期の状態に戻ります。

  1. ひし形の中心部分をクリック or 角度を”0″度に入力
  2. 「OK」をクリック

【参考】「セルの書式設定」ダイアログの「配置」タブのショートカット

文字列方向⑨

「セルの書式設定」ダイアログの「配置」タブを呼び出すには、「ホーム」タブの「配置」グループの「セルの書式設定」ダイアログ起動ボタンをクリックすることがもっとも近道です。

まとめ

私は表をコンパクトにまとめるために、項目のカテゴリにあたる部分をセル結合した上で縦書きを積極的に活用するケースが多いです。

うまくスペースを活用して視認性を高めるためにも縦書きは有効なので、いろいろ試してみてください。

ご参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう